フリーランスに憧れる

見やすいサイトや使いやすいサイトを作ることが出来るデザイナーは、フリーランスになっても成功する人は多いようです。
企業などで働いていると、フリーランスで働くことに憧れる人も多いと思います。
ではフリーランスになって、デザイナーとして成功するためにはどのような考え方や物の見方が必要になるのでしょうか。

まずは利用者の目線で見ることが必要になってきます。
利用者はインターネットやコンピュータに慣れた人よりも、何も分からない、知らない人の方が多いことを知っておかなくてはいけません。
それこそ1から10まで、丁寧に作らなくては「使いにくい」サイトになってしまうのです。
何気なくしていることが、一般の人には分かりにくかったり、使いにくかったりします。
ですが作り手はそのことをつい忘れがちになってしまいます。
情報をたくさん盛り込みすぎて、一般の人には分かりにくいものになってしまうのです。
こんなにしなくても良いのではないか。
そう思えるほどに親切な作り方をしなくては、一般の人には利用しづらいものになってしまうのです。

フリーランスになるのは簡単です。
独立しました、と開業届を出せばそれでフリーランスとして働くことが出来ます。
ですが大変なのは仕事を続けていくことです。
良い仕事をしなくては次の仕事に繋がりませんし、一度悪い評判が立てば仕事が消えることもあります。
それに、仕事をする上で絶対的に重要な節税も頭に入れる必要があります。
利益が上がってこそ経営がなりたつというもの。
かしこく節税する方法や保険、税金など独立するなら知っておかなくてはなりません。
フリーランスを目指す方は独立へのいろはサイト【http://kojinjigyonushiiroha.com/】にしっかり目を通しておきましょう。

小さな仕事、大きな仕事に関わらず、常に真面目に取り組むことが大切かもしれません。
また企業だけでなく、顧客にとっても誠実な仕事をしなくてはいけません。
丁寧な仕事、真面目な仕事がフリーランスで成功するポイントではないかと思います。
フリーランスは大変ですが、評価もダイレクトの分かるのでやりがいがある仕事ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です